浦和の大きな施設

浦和が栄えたことの1つに、関東大震災の時点での被害が比較的少なかったことも関係していると思われます。
まず、大震災の後の復興に際には、首都圏との距離が近いこともあり、多くの市民が移住をとげたといわれています。

 

あの時代は、数多くの文化人もそのような理由から浦和に移り住んだということが言われています。
「鎌倉文士に浦和画家」という言葉が今でも残っているのをお聞きになったことがあるでしょうか。
浦和には大きな施設もたくさんあります。
その1例をあげますと、埼玉県国際交流協会、埼玉りそな銀行の本部、NHKさいたま放送局、テレビ埼玉、エフエム浦和、
埼玉会館、埼玉市民会館うらわ、浦和ふれあい館、浦岸町コミュニティーセンターなどです。

 

そのほかには、浦和おもちゃ病院やうらわ美術館、埼玉県立美術館なども賑わいを見せています。
またレッドボルテージという浦和レッドダイヤモンズのオフィシャルショップもありますので、サッカー好き、レッズ好きにははずせない魅力は詰まっている場所なのです。